現在の閲覧者数:

先行き不透明なブログ?(仮題)

管理人自身も方針を決めかねているサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野菜と果物のガン予防神話崩壊

 久しぶりの更新です。本当は昨日から再開するつもりだったのですが、今日からになりました。「しばらく充電してから再開しよう」と思っていたのですが、いろいろあって、少しも充電できませんでした。今後も、1週間に1~2回の更新ペースでやっていきますので、よろしくお願いします・・・・って、ブログサーフィンで来る人が殆どなので「よろしく」も何もないんだけど・・・・。昨日、一昨日と連続して来て下さった方がおられるので一応・・・・。良かったら、書き込みして下さい。

 以前、某テレビ番組で、某芸能人が某大学外科教授に対して「食物繊維は大腸ガンを予防するんですよね」と言ったところ、某大学外科教授は「そうなんですか?。私の専門は外科なので・・・・」と言っていたのを見ました。
 「食物繊維は大腸ガンを予防する」っていうのは一般常識と言っても過言ではないと思います。科学者って、自分が研究している分野しか知らないことが多いようです。そのため、自分が研究していることとは反対の事実があっても、それを知らないことも少なくないようです。
 「野菜・果物のガン予防神話が崩壊」という記事を見ました。読んでみると、野菜や果物を多く摂っている人と、あまり摂っていない人とで発ガン率を比較してみたところ、ガンによっては野菜や果物の効果が僅かに認められるケースがあるものの、ほとんど差がないことが分かったとありました。で、最後は「塩分を摂り過ぎたりしないなど、常識さえ守っていれば、基本的には好きなものをバランスよく摂っていれば良いのではないか?」と締めくくられていました。
(≧m≦) ププッ!
 記事によると、元々「食物繊維にはガン予防効果がある」というデータは動物実験のもので、人間では確かめられていないとありました。その程度の確証しか得られていないのに「食物繊維にはガン予防効果がある」なんて言われてたんですね。
 逆に「健康と食べ物 あっと驚く常識のウソ」によると「大腸ガンの発生率は食物繊維の摂取量に関わらず同じである」という統計は以前からあったようです(年齢、体重、喫煙習慣、活動量、肉や脂肪やアルコールの消費量とも無関係であることが判明)。
 さらには「食物繊維の薬剤はヒトにおける各種調査において一般的に利点は全くなく、動物実験によると発ガン作用が認められる」とか「食物繊維のサプリメントは過敏性腸症候群の一因ではないか」「食物繊維は骨粗鬆症を進行させる」といった発表まであるようです。
 それにも関わらず「食物繊維にはガン予防効果がある」なんて言い続けてきた人達って、何を根拠に言い続けてきたんでしょうか?。私が今まで見てきたところでは、自分のところで「効果がある」という結果が得られたら、他の調査結果には関心を示さない科学者が多いようです。
 一般の科学常識を疑うクセをつけて下さいね。特に、食品関連企業による食品の研究結果!。そして、それらの企業をスポンサーに持つテレビ番組!。どこの会社が「自社の販売する食品には有用な作用は認められませんでした」なんて言うもんですか!。下に紹介する「健康と食べ物 あっと驚く常識のウソ」を読めば、栄養成分などの作用と言われるものが、いかに根拠の怪しいものかということが分かります。
 今日は、いつになく短いですが、今日はこんなところです(笑)。

ブログランキングに参加してます。記事が「良かった」と思ったら一押しお願いします。




健康と食べ物 あっと驚く常識のウソ





病気の迷信―信じてはいけないのだ 「買ってはいけない」の著者が語る病気の真実

健康のトリック―見てはいけない健康テレビ番組
三好 基晴
花書院 (2005/06)
売り上げランキング: 238,691
おすすめ度の平均: 4
4 価格から見れば妥当かと

スポンサーサイト
  1. 2006/04/02(日) 21:34:27|
  2. 身体・健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。