現在の閲覧者数:

先行き不透明なブログ?(仮題)

管理人自身も方針を決めかねているサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビフィズス菌

 昨日が腸内の話でしたので、今日も引き続いて腸内の話です。
 腸内の健康を保つものといえば、ビフィズス菌ですよね。ビフィズス菌を摂るには、どうすればいいでしょうか?。
 「ヨーグルト」ですよね?。他の物を回答する人、いますか?。ほとんどいないでしょうね。
 ヨーグルトなど、外来のビフィズス菌は腸内に留まることはないって知ってました?。いえ、全く留まらないということではないんですが、そもそも、ヨーグルトに含まれているビフィズス菌と腸内にいるビフィズス菌は別なので、長くても数日しか腸内に留まることが出来ないんです。だから毎日摂らなきゃダメなんです。
 で、ヨーグルトで整腸効果を出すためには1日500mlもの量を毎日食べ続けなければなりません。そんなこと続ける人いますか?。続けられないし、続けることが出来たとしても動物性脂肪の摂り過ぎになっちゃいます(動脈硬化などの原因)。
 サプリメントで摂るしかない?。じゃ、サプリメントがない時代の人達は、どうしていたのでしょう?。昔の日本人がヨーグルトを頻繁に食べていたとは考えられませんしね。
 そもそも、ビフィズス菌などの乳酸菌には動物性のものと植物性のものがあります。もちろん、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は動物性です。
 じゃ、植物性乳酸菌は何に含まれているのでしょうか?。それは味噌や納豆、ぬか漬けなどの漬物です。昔の日本人は、当然、食べてましたよね。
 つまり、日本人の身体には、味噌や納豆、漬物などに含まれる植物性乳酸菌が合っている可能性が高いんです。ぬか漬け、家で漬けてますか?。今、漬けてない家、多いですよね?。私の家も漬けてないです(笑)。
 話は飛びますが、腸内って、実は身体の外です。え?、という声が聞こえてきそうですが、お腹をこわした時とか、食べた物が、そのままの形で出てくることあるでしょ?。口から肛門までを素通りしてきた訳です。つまり、吸収されてはじめて体内になるんです。
 腸内を含め、普段から皮膚の上にいる菌を常在菌と呼びますが、これらの菌は排他的で、ある程度の歳になると菌のバランスが固定するのですが、一度、菌のバランスが固定すると、他の菌は住めなくなるので、通常、大きく菌のバランスが崩れることはありません。
 このバランスは非常に巧妙で、仲が悪い菌どうしでも同じパーセンテージのまま増えもせず、減りもせずに保たれるのです。これが外来のビフィズス菌が入ってきても定住できない原因の1つです。
 「他の菌は住めなくなる」「外来の菌が定住できない」というのは、身体の免疫機能の1つとなって働いています。この身体に定住している常在菌のお陰で病気に罹りにくくなっている訳です(余談ですが、菌の進化には何らかの犠牲が必要となるため、複数の菌が競合している環境では特定の菌だけが進化するのは難しいそうです。競合している環境では進化している余力がないってことですかね)。
 実は、虫歯って伝染します。虫歯菌で虫歯になるんですから。キスでもうつるんですよ。でも、ある程度、菌のバランスが固定すると外来の菌は住めなくなると書いた通り、虫歯菌の場合、3歳までに口の中で増えなければ、その後、増えにくいのです。だから、大人なら虫歯になりやすい人となりにくい人がキスをしても、虫歯になりにくい人が虫歯になるようなことは、ほとんどありませんが、虫歯になりやすい親の唾液がついたスプーンで3歳以下の子供に食べさせると虫歯になりやすくなります。
 お年寄りが「近頃の子は身体が弱い」って言うのを聞いたこと、1度くらいはありますよね?。でも、これって核家族化が進んでからだと思いませんか?。
 皮膚常在菌は、ある程度の年齢になると固定すると書きましたが、固定するまでは、いろんな菌を受け入れる素地がある訳です。つまり、おじいちゃんや、おばあちゃんと一緒に暮らしていれば、おじいちゃんや、おばあちゃんの皮膚常在菌をもらうことが出来るんです(日頃の接触だけでももらえるし、湯船などでももらえます)。
 でも、核家族化が進んで人との接触が減り、各家庭に風呂が出来たことで銭湯などに行くこともない・・・・。子供が皮膚常在菌種を増やす機会が減っているんです。そして、ある年齢を過ぎると、もう皮膚常在菌は増えない・・・・。ひょっとしたら、こういったことがアトピーの増加と関係しているかも知れませんね。
 つまり、今、身体に住んでいる菌を活かす方向でしか、菌は利用できないんです。ですから、日本人には、元々、日本人がしてきた暮らしにあった食生活が鍵になると思います。
 ひょっとしたら、海外で生まれ育った人、海外の食生活で育ってきた人は、海外流の食生活の方が合っているかも知れません。
 どんな暮らしをしてきたか?。それは各個人によって違うので、常在菌のバランスも違うはずです。ということは、菌を利用しようとするなら、方法は千差万別と言っても過言ではないと思います。
 花粉症に効くってヨーグルトを食べる人も多いみたいですが、東洋医学的にはヨーグルトは身体を冷やす食品です。東洋医学的に言えば、身体は温めなければ免疫に良い効果はありません。東洋医学が正しいとは言いませんが。
 いずれにせよ、ヨーグルトだけを試していてはダメだということです。誰かに合うことが自分に合うとは限りません。食生活をはじめ、暮らしの見直しって大事だと思います。そもそも、動物性乳酸菌は胃酸に弱く、胃と十二指腸を通過すると大部分が死んでしまうのに対し、植物性乳酸菌は腸に届きやすく、腸内で受け入れられやすいので日本人向きと言われています。
 ちなみに、傷んでいる可能性のある(細菌が繁殖している)食べ物を食べた場合は、あまり水分を摂らない方がいいです。
 洗剤など、薬品を飲んだ場合、濃ければ、それが胃や腸などを刺激したりするし、急激に多量の薬品を吸収するのを抑える必要があります。
 でも、細菌の場合は違います。胃酸は強力な酸なので、多くの細菌は、この酸の中では生きられません。ところが、水分を摂ってしまうと、この胃酸を薄めてしまうのです。
 明日12日は自宅を不在にしますので更新を休みます。

ブログランキングに参加してます。記事が「良かった」と思ったら一押しお願いします。



清潔はビョーキだ

殺菌過剰!―正しい殺菌、抗生物質の使用法を理解し、子供や家族を病気、中毒から守る本
スポンサーサイト
  1. 2006/02/11(土) 14:49:23|
  2. 身体・健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<血液型 | ホーム | 宿便>>

コメント

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/に記事が紹介されていたので、見にきました~。ブログっておもしろいですね~。
  1. 2006/02/11(土) 15:35:36 |
  2. URL |
  3. ハニヘイ #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。初のコメントなので、すごく嬉しいです。いや~疑ってたんですよ。ホントに記事を読んでくれてる方がいるのかと。良ければ、またお越し下さいね~。
  1. 2006/02/14(火) 12:59:53 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakiyukifutoumei.blog49.fc2.com/tb.php/12-808012e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。