現在の閲覧者数:

先行き不透明なブログ?(仮題)

管理人自身も方針を決めかねているサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

血液型

 またまた、すみません。少々、疲れ気味でして、更新を休んでしまいました。いや、下書きはしてあったんですがね、パソコンを立ち上げるのもしんどかったもんで・・・・。
 おまけに、アクセス解析が働いてなかった・・・・。先日、サイトを元に戻す時、おかしくなったらしい・・・・。タグを貼る場所を間違えたらしいけど、前回、こんな所に貼った覚えはない・・・・。
 アクセス解析が働いてなかったので「ちっとも来訪者はいないし、来訪者のほとんどはブログジャンキーで飛んでくる人ばっかりで、まぁ、私の記事を読みにくる人もいないから更新を休んでもいいか~」と思って休みました。更新を休んだ間、私の記事を読みに来た人がいるのだろうか・・・・。いや、ブログジャンキーで飛んでくる人が多いのは確かなんですよ。ま、無責任管理人なので、これからも休むことがあるかもです。ネタに困って休むってのもあるだろうし(爆)。ここの管理人は「無責任」だということは絶対に忘れてはいけません。

 日本人は血液型占いが大好きです。A型が几帳面でB型がマイペースだとか・・・・。
 でも私は、それを信じることは出来ないんです。日本人にはA型が多いけど、以前に比べ、几帳面な人は減っているのではないかと思います。国民性そのものが変わってきたのではないかとさえ思えるんですね。日本人にB型が増えてきた訳ではないでしょうし。
 ちなみに、私はB型ですが、マイペースでもあり、几帳面な部分もあり、几帳面でない部分もあります。そんなことは、どうでもいいのですが。
ソノハナシハ\(^^\) (/^^)/コッチニオイトイテ
 動物にも血液型があります。魚類は全てA型で、ウシ、ワニ類、カメ類は全てB型、ウサギはA型かB型だそうです。でも、同じB型であるウシとワニが似ているとは思えません。どっちもマイペースだって?。じゃあ、A型とB型がいるウサギは几帳面なのとマイペースなのがいるんでしょうか?。几帳面なウサギって一体・・・・。
ソノハナシモ\(^^\) (/^^)/コッチニオイトイテ
 この動物の血液型を考えると、血液型ダイエットの理屈って怪しくなってきます。
 血液型ダイエットの提唱者、ピーター・J・ダダモ博士の理論によると、まず、O型は最も古い血液型で、狩りによって食料を得ていたので肉食が体質的に合っているということです。
 O型って、元々は「ゼロ型」という意味だったので、O型が全ての血液型の基本型であることは間違いありませんが、思い出して下さい。魚は全てA型だということを。
 人間をはじめ、全ての動物は海から進化してきました。魚が全てA型ってことは、最も古いのはA型では・・・・?(貝とか他の海棲生物の血液型は知りませんが)。
 O型が血液の基本形=最も古いという根拠は何なのでしょう?。その話もおいときましょう。
 次に、ダダモ博士は、A型は人類がアジアや中東に移住をはじめてから現れた血液型で、農作業を覚えたA型の身体には肉類は不向きで野菜が適しているといい、B型は人類がアフリカからヒマラヤに移り、急激な環境変化で生まれた血液型で、遊牧民族の血を引いているB型の人だけが、乳製品を消化できる身体を得たとしています。
 そして残ったAB型はB型の蒙古人種がA型の白人種を侵略し、混ざってできた血液型だそうです。
 でも、この説明では、哺乳類ではないワニやカメがB型である説明がつきませんよね。そもそも、人類の進化の過程でB型が生まれたとするなら、ワニやカメがB型であることすらおかしいです(しかもB型は乳製品を消化できる血液型であるはずなのに、ワニやカメは哺乳類ですらない)。
 私、経験則医学(東洋医学とか)って決して嫌いじゃないんですけど、ここまでいくと「経験だけじゃなくて、もう少し検証してくれない?」って言いたくなります。
 血液型占いでも「あの人は○型だから、こういう性格」って論法も、どうでしょうか?。あの人は○型の典型的性格と言われていた人が、実は本人の勘違いによって別の血液型だってこともありますし、稀ではありますが、血液型が変わったという報告もあるんですよ。
 私も、血液型を聞かれた時に「何型だと思う?」と聞いたところ「几帳面だからA型!」といい、あれやこれやとA型だと思う理由を言っていたのに「私はB型だよ?」と言った途端「マイペースなところはB型だよね」とか、今度は、あれやこれやとB型だという理由を並べ立てられたことがあります。もう・・・・、好きにして・・・・。
 それはともかく、血液型ダイエットは、アフリカではO型、ヨーロッパはA型、アジアではB型が多いといった、地域による血液型の偏りがあることから考えられたのではないでしょうか?。
 でも、これは「O型の人はペストに罹りやすい」「A型の人は天然痘に罹りやすい」「B型は結核に弱い」といった説があり、ペストが流行した地域ではO型が減り、天然痘が流行した地域ではA型が減ったといった説明もなされています。
 ま、これは統計的に否定されたという話もあるのですが、実際のところ、どうなのでしょう?。確かに「都合よく解釈された」可能性はあると思いますが、天然痘やペストはともかく、最近になって、血液型との関連が認められる病気が実際にあることが分かってきているようですし・・・・。
 ま、面白い話ではあると思うんですよ。でも、血液型占いを含め、のめりこむのはやめて欲しいと思います。

ブログランキングに参加してます。記事が「良かった」と思ったら一押しお願いします。



ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット
ピーター・J・ダダモ
集英社 (2004/03/19)
売り上げランキング: 9,185
おすすめ度の平均: 4.83
5 読む価値あると思います
5 そう言うものなのか
5 まじめな本です


ダダモ博士の血液型健康ダイエット
ピーター・J. ダダモ Peter J. D’Adamo 濱田 陽子
集英社 (1998/05)
売り上げランキング: 39,316
おすすめ度の平均: 4.6
3 家族の血液型が違うと実行がむずかしいです。
5 こりゃいい!
5 ドクターから勧められて

スポンサーサイト
  1. 2006/02/17(金) 00:15:15|
  2. 身体・健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<農業 | ホーム | ビフィズス菌>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakiyukifutoumei.blog49.fc2.com/tb.php/14-705d11c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。