現在の閲覧者数:

先行き不透明なブログ?(仮題)

管理人自身も方針を決めかねているサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

環境問題を考え直そう

 Frittageさん、コメントありがとうございます。驚きました。以前、私はFrittageさんから御翻訳本を購入させていただいたことがあります。そのFrittageさんが訪問下さり、いくつかの記事を読んでいただいた上に、コメントまでいただけるとは夢にも思いませんでした。わざわざコメントありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。御指摘・御指導いただけると嬉しいです。
 kodoさん、書き込みありがとうございました。私のコメント欄への書き込みを見ていただけたようですね。今後、基本的に書き込みへのレスはコメント欄で行いたいと思いますので、画面右側の「最近のコメント」欄から見ていただければと思います。
 今まで、ほとんど書き込みはなかったのに、急に書き込みが増えてきましたね・・・・って言っても、まだ延べ5回ですが(爆)。
 Frittageさんがお読みいただいた記事と重複する部分がありますが、一応、過去の記事の一部についてリンクを張っておきますので、御関心があれば、御覧いただければと思います(新しいウインドウが開きます)。

血液サラサラ(2006年2月6日更新)
科学者の思い込み(2006年2月7日更新)
有機農法(2006年2月8日更新)
血液型(2006年2月17日更新)
農業(2006年2月19日更新)
農業&身体と栄養(2006年2月20日更新)
不足しているはずの栄養(2006年2月20日更新)
身体に適した食べ物(改めて!)(2006年2月22日更新)
有機農法2(2006年3月1日更新)

 改めて、このブログを訪問して下さる方々に、このブログについて説明しておきたいと思います。このブログは、将来、私が開設しようとしているホームページのコンテンツの下書きのような形で書いているもので「下書き」という性質上、過去の記事について訂正や加筆などを行っています。決して「正しいことを書いている」などと言うつもりは全くないので、お読みになられる方々、御自身で判断なさって下さい。御指摘などあれば書き込みしていただけると嬉しいです。
 「将来、私が開設しようとしているホームページのコンテンツの下書きのような形で書いている」と書いた通り、将来、どこかのホームページで同じ内容を見かけるかも知れません(笑)。

 前回の記事「ペットブームの陰」で本の紹介をしてきおきました。「赤ちゃんの値段」です。「現代日本で生まれた赤ちゃんが海外で売買されている」というノンフィクションです。「人身売買は日本には無縁」でもなければ「人身売買は昔の話」でもありません。

 「割り箸=環境破壊」という図式で語られることが多いですが、それはステレオタイプの見方です。
 現在、日本で出回っている箸の殆どは中国産です。中国では、日本に箸を輸出するために多くの木々が伐採が進みましたが、森を育てるための植林は行われなかったために「切られるまま」でした。
 そのため「環境問題」に敏感な人達の間で「マイ箸」を使うといった人達が少しずつ増えてきたのですが、残念ながら、そこには、ある視点が欠如しています。
 日本には切られることなく荒れ果てた山や森が数多くあります。これは安価な輸出に押され、高価な日本の材木が敬遠されていることが背景にあります。
 日本の森林の殆どは人工林です。自然の森林ではありません。そういった森林は「切らなければ育たない」のです。
 森林には「植生(植物の生態)」があります。元々の裸地や樹木を失った土地では、まず光を好む草が生えて、次に日光を好む「陽樹(主に針葉樹)」が生え、陽樹の森が形成されます。すると、日陰が出来るので、そこに日陰を好む「陰樹」が生えてきて、やがては大きく成長して「陽樹」を駆逐しはじめ、最後には「陰樹」のみの森が出来上がって安定します。これを「極相林」といいます。「極相林」が出来上がるには、数百年(少なくとも150年)かかると言われています。
 戦後、日本ではスギやヒノキの大量の植林が行われました。スギやヒノキは成長が早いからです(ヒノキはスギより成長が遅いが価値が高い)。でも、スギやヒノキは陰樹であり、日光を遮るもののない土地では育ちにくいため、日光が当たり過ぎて枯れてしまわないように高密度で植林されるのです。
 ところが、成長するにつれて木の密度が高くなり過ぎてしまうので、そのままでは日照不足になる上、空気の流れが妨げられるので湿度が高くなり過ぎ、病気になりやすくなってしまいます。
 そこで、適当な間隔で木を伐採する「間伐」が行われます。家庭菜園などで野菜を育てる方は分かりやすいと思います。野菜の「間引き」と同じですね。
 とはいえ、間伐にも人件費など費用が掛かります。間伐を行うためには間伐材が売れなければならないのです。
 環境問題に敏感な人でも「割り箸=環境破壊」という見方しか持たない人が多いように思います。ここで必要なのは「守る」という視点ではなく「育てる」という視点です。
 「森林を守る」「文化を守る」などと言ったりしますが「守ろう」とすることは、それらが死ぬことです。必要なのは「守る」ことではなく「育てる」ことです。
 元々、日本の割り箸作りは間伐材の端材を使う廃物利用でした。ところが、中国からの安い輸入木材に押されて日本の木材は利用されなくなり、間伐も行われなくなりました。
 中国では大量の木材輸出で環境破壊が進んだことにより、輸入の継続が難しくなっています。そのため「割り箸の有料制」を導入するところが増えてきています。
 戦後、大量に植林されたスギやヒノキは伐採されることなく放置され、大量の花粉を放出するようになりました。花粉症の人は「スギを切り倒しに行きたい」と言ったりしますが、建設的に日本製の割り箸をはじめとする国産材を利用することを考えるべきです。
 また、森林の伐採は地球温暖化の問題とも関わっているので「森林の伐採」というと抵抗がある人もあるかも知れませんが、森林の伐採は地球温暖化防止のためにも行うべきなのです。
 大きな木ほど大量の二酸化炭素を吸い、酸素を吐き出すようなイメージがありますが、実際には、若い森林の方が二酸化炭素の吸収量、酸素の放出量は多いのです。日本に大量に植林されているスギの場合、20年を超えると二酸化炭素の吸収量は減っていくそうです。
 森林伐採の問題で関わってくる、もう1つの問題が「山の保水力の低下」による土砂崩れや洪水の問題だと思います。
 「森林を伐採すると土砂崩れや洪水が起こるのだから、やはり伐採しない方が良いのではないか」ということです。
 戦後、大規模植林されたスギやヒノキは根が浅く(針葉樹は根が浅い)、土壌を保つことが出来ません。大量の雨が降ると根こそぎ倒れてしまい、土砂崩れが起こるのです。
 針葉樹は他の木々よりも高くなることで日光を得ようとし、広葉樹は広くなることで日光を得ようとします。木の根は葉の生い茂り方に似ると言います。スギのように上下に細長く葉が生い茂る木の根は上下に細長く、広く葉が生い茂る木の根は広く地面に張るのです(「広葉樹は針葉樹より保水力がある」という説もあるようですが根拠はないようです)。
 広葉樹は「生産性が低い」として、スギやヒノキなどの針葉樹ばかりが植林される傾向にありますが、山の植生を単一化するような植林は「育てる」視点を欠いており、それが土砂崩れや洪水を生むのだと思います。
 これは竹林についても同じことが言えます。竹は根が浅いために保水力や土壌保持力が弱く、大雨になると、すぐに土砂崩れが起こります。 現在、放置竹林が多くなっているため、竹林の異常拡大が起きています。竹林が広がるのは、過密になることによって日光が不足するため、外に広がることで日光を得ようとするからです。
 「竹林は傘をさして楽に歩けなければならない」といいます。竹林も間伐して適当な密度を保ってやれば外に広がることはないのです。
 国産の木材・竹材は、どんどん利用すべきだと思います。

ブログランキングに参加してます。記事が「良かった」と思ったら一押しお願いします。



スポンサーサイト
  1. 2006/06/28(水) 00:05:26|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<成長 | ホーム | ペットブームの陰>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakiyukifutoumei.blog49.fc2.com/tb.php/25-f752cbb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。