現在の閲覧者数:

先行き不透明なブログ?(仮題)

管理人自身も方針を決めかねているサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

視力回復

 昔、私の視力は左右とも2.0でした。ところが、今やメガネなしには免許の更新もできない・・・・。
 日本人にはメガネを掛けている人、多いですよね。当然、視力回復に関心がある人は多いと思います。でも、視力回復法って、いろいろありますよね~。ピンホールメガネみたいな手軽な方法から超音波機器を使う方法、手術まで。
 出来るなら、手術せずに視力が回復できればと思いますよね?。視力回復トレーニングに取り組んだ人も少なくないはずです。でも、挫折した人も少なくないと思います。私もその1人ですから。
 視力回復トレーニングで治らない人って、努力が足りないのでしょうか?。違うんですよ。良かったですね~。
 視力回復トレーニングは、異常な目の筋肉の緊張をとるために目を鍛える目的があるのですが、この方法は、あくまで「異常な目の筋肉の緊張をとるため」にやっているので、当然、目の筋肉に異常な緊張がない人には意味がありません。
 つまり、視力が悪いのは「目の筋肉の異常な緊張が原因のケース」と、それ以外のケースがあるのです。目の筋肉が異常に緊張している場合は視力回復トレーニングで視力が回復する可能性はありますが、目の筋肉はリラックスしているのに水晶体が厚い状態で固定してしまっている人には効果がないのです。視力回復トレーニングの本を書いてる人がメガネを掛けてたりするのは、そういう理由です。
 そういう人は、手術するしかないのでしょうか?。でも、出来ることなら手術は避けたいですよね。視力を改善するコンタクトレンズがあるのは御存知でしょうか?。
 「コンタクトレンズは使ってるよ」って声が聞こえてきそうですが、見る時に使うレンズではなく、寝ている時に使うことで視力を回復するコンタクトです。オルソケラトロジーっていうんですよ。
 でも、そもそも、視力が悪いって、悪いことなんでしょうか?(近視はホントに悪い目か?―遠視はホントに良い目なのか?
)。近視の人は近くのものを見やすい目を持っているので、集中する作業に向いている目なんですよね。近くのものを見やすい目ってことは老眼にもなりにくい目ってことです。
 ・・・・でも、視力回復って、魅力的ですよね~。わかります。
 オルソケラトロジーの本と、なんか面白そうな本、挙げてみました。

ブログランキングに参加してます。記事が「良かった」と思ったら一押しお願いします。



近視は手術なしで治る―矯正コンタクトレンズで治すオルソケラトロジー イラストQ&A

コップで近視が治った!
スポンサーサイト
  1. 2006/02/02(木) 22:36:40|
  2. 身体・健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アミノ酸 | ホーム | 狂牛病>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakiyukifutoumei.blog49.fc2.com/tb.php/3-fad590eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。